家族旅行には⇒ じゃらんnet (^O^)/

おふせっと?

いつものようにローソンへ飲み物買いに寄ったら
こんなんが売ってました

ロハスクラブのミルクティ(トーヨービバレッジ)

フェアトレードの原材料を使っていて、容器はカーボンオフセット
こんな身近なトコにも、環境配慮型の商品ができてて嬉しくなりました♪

さてさて
「カーボンオフセット」と、ここ最近よく耳にするようになりましたが
実はワタクシ、初めて知ったのは昨年の年賀葉書印刷の時でしてね

印刷業勤務の職業柄、最初聞いた時は
「オフセット印刷(平版印刷)で、インキにカーボン素材でも入ってるんかな?」などと
トンチンカンな勘違いをしてましてね(^_^;)

ほんとの意味は、 カーボン=””(ここでは二酸化炭素)  オフセット=”相殺
すなわち「二酸化炭素の相殺」

カンタンに言っちゃうと
「自分で出したCo2を、自分で削減できないから
 削減してくれるトコにお金出して(投資?)帳消しにしてもうおう」ってコト

環境団体等への寄付と何が違うのか、私には分かりませんが
「寄付=偽善的」と恥ずかしく思う人には、入りやすい入り口かな?とも思います

大々的なエコ活動は、企業や事業団体とかに任せて
私達一個人は身近に出来る小さなアクションから
コツコツやってくのが一番近道ですね♪